不要な物が生まれ変わって「紙」になるまでのお話

>

日本と世界に見るリサイクル率とは

一般的なリサイクル方法と利点

我が国、日本では、家庭や各事業所レベルで分別によるリサイクルを実施しています。
分別には、可燃、不燃の他に資源ごみの日が設けられ、ペットボトルや段ボール、新聞・雑誌などの古紙が回収対象となります。
可燃ごみに関しては、焼却によるエネルギー回収としてリサイクルしていますが、何でも焼却してしまえばいいという安易で間違った考え方にもなりかねず、廃棄物の減少はおろか増加傾向を生んでしまう危険性があるとされています。
また資源ごみとなる古紙においては、現在の日本の紙類の半数以上が古紙によるリサイクル紙を原料としており、古紙のリサイクルは輸入している森林資源の抑制の一翼を担っています。
このように可燃や古紙に限らずリサイクルすることは、単純に廃棄物の減少になり、ゴミが少なくなればそれを燃やすために必要な資源の浪費も防ぐことができます。

リサイクルする上で弊害となること

物を大切にする、不用品や廃棄物となったものも、再生してまた別のものとして利用することが大前提としてあるリサイクル。
最近ではこの言葉もかなり浸透し、1人1人が少しずつでも意識する環境になってきたことは間違いありません。
しかしまだまだリサイクルの正しい知識が広まっているとは言えず、実際は間違った認識の人も多いのが現状です。
リサイクルは似た言葉であるリユースとは異なります。
リユースは、自分の中で不要になったものを誰かに利用してもらうことで、用途が変わらないのが特徴とも言えますが、リサイクルは用途が変わって活用されるため、再生するために色々な工程があり別の資源も必要になります。
リサイクルは、リユースと違って少なからず資源を消費するとともに、そこには多くの人や場所、材料などが関わってくることを覚えておきましょう。


この記事をシェアする